「死球許さないという気持ちで」ロッテ井上が“大当たり”1本塁打2死球

エンタメ・話題 阪神 ロッテ

◆ロッテ5-4阪神◆
ロッテ井上が、1本塁打2死球の“大当たり”でチームを交流戦初勝利に導いた。

この日は初回の第1打席、阪神の先発・青柳から左ふくらはぎに死球を受ける。そして迎えた三回の第2打席、阪神を突き放す11号2ランを放った。五回の第3打席にはまた左足に死球を受けて出塁すると、次のレアードの二塁打で本塁まで激走、決勝点となる5点目のホームを踏んだ。

お立ち台に立った井上は本塁打を「デッドボール許さないという気持ちで打席に入りました」、激走を「もう、何がなんでもあのピッチャーから(点を)取ってやるという気持ちで走りました」と振り返り、ファンを笑わせた。

関連記事