「次はもらいたい」広島・九里がプロ初完封もウイニングボールの行方は…

広島 楽天

◆楽天0-2広島◆
広島先発の九里がプロ入り6年目で初完封を果たした。

スライド登板となった九里だが、その影響はなかったという。初回に菊池涼のソロ本塁打で援護をもらうと、ボールを丁寧に低めに集めてゴロの山を築いた。27のアウトの内、ゴロアウトが18。三回から七回まではパーフェクトで、計107球で3安打3奪三振。楽天打線に二塁を踏ませなかった。

完封が現実味を帯びて来た終盤は、八回に二死一塁からファウルフライをダイビングキャッチ。九回は先頭の辰巳を安打で出したが、続く茂木を併殺に。「昨年、九回にマウンドに上がった時は点を取られてしまったので、点を取られないように思い切り投げました。野手の皆さんが守ってくれたおかげ」と振り返った。

ただ、記念のウイニングボールは、最後のアウトとなった左飛を捕球した西川にスタンドに投げられてしまった。「もう一回このようなピッチングをして、次はボールをもらいたいと思います」と更なる好投を誓った。

開幕ローテーションをつかんだが、一時は不調で中継ぎに回った。交流戦で先発に戻り、3試合で2勝を挙げた。交流戦で5勝12敗1分けの最下位となった広島だが、最後に九里の快投という収穫を得て、2位につけるリーグ戦に戻る。

関連記事