「楽な気持ちで投げることができた」オリックス山本が“大量援護”で5勝目

ソフトバンク オリックス

◆ソフトバンク3-5オリックス◆
オリックスの先発・山本が、今季最多となる5点の援護点をもらい、5勝目を挙げた。

山本は四回までパーフェクトという完ぺきな立ち上がり。五回二死から上林と内川に連打されたが、八回までに許した安打はこの2本だけだった。

完封を狙った九回は簡単に二死をとったものの、明石に二塁打、釜元に右前打を許し一、三塁とされ、デスパイネに3ランを浴び、今季2度目の完封を逃した。

山本は「楽な気持ちで思い切って投げることができました」と、初回から2点先制した打線に感謝。九回の3失点は「すごい悔しい思いが最後残ったんですけど、何とか勝ち切れてよかったです」と振り返った。

オリックスはこれでソフトバンクに2連勝で、今季初のカード勝ち越しとなった。敗れたソフトバンクは3連敗、2位日本ハムとのゲーム差が0・5となった。

関連記事