「楽しみを我慢することも必要」広島が“意味深”動画公開

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 広島

新型コロナウイルスで開幕の目途が立たない状況の中、広島が感染拡大防止を呼び掛ける動画を制作した。

動画は、会沢翼、田中広輔、堂林翔太、大瀬良大地、佐々岡監督の5人が出演、それぞれが気をつけるべきことを呼びかける内容。YouTubeで公開されている。

ただ、気になるのがその内容。会沢が「10代から30代一人一人の自覚が大事です」、田中は「少しの間楽しみを我慢することも必要です」、堂林は「一人一人の自制がとても大切な時期」などと訴えたが、時節柄、“コロナ合コン”に参加した阪神3選手を思い浮かべてしまうフレーズばかり。

大瀬良にいたっては「換気の悪い密閉空間、大勢が集まる場所、近距離で会話や発声をする密接場所。この3つの条件が同時に重なる場所で多くの人と接触した人は、行動を自制してください」。まるで藤浪晋太郎や伊藤隼太に呼び掛けているようだ。

佐々岡監督の「一人一人の対策が、全体での蔓延防止につながります」という言葉も、何やら意味深に聞こえてしまう。

非常に大事なことを訴える動画だが、阪神関係者は素直に見ることができるだろうか。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事