「最近色々あると思うんですけど…」連敗ストップの中日・柳がファンに“融和”呼びかけ

中日 ヤクルト

◆中日7-1ヤクルト◆
中日が初回に打者10人を送る猛攻で試合を決め、応援歌「サウスポー」の使用自粛問題浮上以来の連敗を4で止めた。

山田哲人の先頭打者本塁打で1点を先制された直後、中日はビシエドの先制適時二塁打や堂上の7号3ラン、投手・柳の適時二塁打など7安打で6点を奪い、試合の主導権を握った。その後は柳が立ち直って八回までヤクルト打線に追加点を許さず、九回は祖父江が締めて完勝した。先発・柳はこれで6連勝となり、ハーラートップタイの9勝目を挙げた。

その柳はお立ち台で「最近、いろいろあると思うんですけど、また、今日の勝ちをきっかけに、チームとファンのみなさん一つになって頑張りましょう!」と、スタンドのファンに呼びかけた。与田監督がサウスポーの中の「お前が打たなきゃ誰が打つ」の「お前」を問題視して使用自粛という事態になったことで出来てしまったチームとファンの“溝”を埋めようという思いがにじみ出た発言だった。

ただ、当の与田監督は「なんとかいい形で連敗を止めたいという思いの中で、本当によく選手が頑張ってくれた」「とにかく勝つこと、それだけに集中して、選手が活躍できるように起用していかなければいけない。それだけです」と、“お前問題”にも触れず、ファンに対する言葉も無し。もう少し度量を見せた方がファンに愛されると思われるのだが…

関連記事