「打たなきゃ負ける」清宮が四番初打点でハム連敗脱出

ニュース

◆日本ハム6-1楽天◆
日本ハム・清宮が犠飛で先制点をもぎ取り「四番初打点」を挙げた。

初回、一死一、三塁のチャンスで打席に。楽天の先発・菅原に対し、空振りとファウルで簡単に2ストライクと追い込まれたが、3球目の内角スライダーをセンターに上手く弾き返した。

13日のロッテ戦で四番に起用され、この日が4試合目。なかなか結果が出せなかったが、「育つために必要なもの」「信じている」と四番起用を続けた栗山監督の期待に応えた。

この勝利でチームの連敗は9で止まり、お立ち台では「勝った瞬間物凄くホッとした。一つ勝つのがこんなに難しいんだなと改めて感じました」と安どの表情。

犠飛の場面は「攻める気持ちだけは忘れずに打席に入った」と振り返り、打順については「やはり四番が打たなきゃ負ける。それを強く感じたので。やることは変わらないですけど、責任は重いなと改めて思いました」と重責を担う心境を語った。

関連記事
【日本ハム9連敗、四番・清宮も不発…】

関連記事