「恐怖の七番」巨人・ゲレーロが2点二塁打

巨人 広島

◆巨人2-3広島◆
恐怖の七番だ。

巨人・ゲレーロが0-3の七回、追撃の10号2点本塁打を放った。無死一塁で遠藤が投じた、ゲレーロ得意の外角球を捉えた。

「打ったのは、スライダー。追い込まれていたので、なんとかしたい気持ちしかなかった。最高の結果がでて良かった。バモス!」

お馴染みのセリフが飛び出した。30日は2点二塁打、28日は満塁弾。来日以来、三年連続で二桁本塁打となった。17年のセ・リーグ本塁打王が調子を上げてきた。

関連記事