「北京の悪夢」GG佐藤氏、マーティン落球を解説

NPB(プロ野球) スポーツ オリックス ロッテ

◆ロッテーオリックス◆
北京五輪で3つの致命的な守備のミスを犯したロッテOBのG.G.佐藤氏がマーティンのミスを庇った。

四回一死で若月の当たりは平凡なライトフライと思われたが、マーティンは見失ったようで、安打となった。

このプレーについて、佐藤氏は薄暮の時間帯でフライが見えにくいことから、「見えにくいから難しい」と擁護した。確かに夏至を過ぎたばかりで陽が長く、空は暗くなり切っていなかった。

マーティンは捕球後に二塁へ矢のような送球をしたが、佐藤氏は「すごい送球ですね」と述べ、強肩に触れた。

佐藤氏は北京五輪で打力を買われ、慣れないレフトを守った。だが、準決勝でレフト前のゴロを後逸し、フェンス際のフライを落球。さらに銅メダルをかけた3位決定戦では平凡なフライを落球。いずれも敗れたために戦犯とされ、「日本に帰れないと思った」と話している。

マーティンはその後、安達と後藤のフライをきっちり処理した。

文・写真/BBNEWS編集部

◆マーティン
背番号 79
フルネーム レオネス・マーティン
出身校 マニュエル・ファハルド国立体育大
誕生日 1988年3月6日
年齢 32
身長 189
体重 91
所属履歴 マニュエル・ファハルド国立体育大―キューバリーグ―レンジャーズ―マリナーズ―カブス―タイガース―インディアンス
キャリア 2年
投打 右左
ドラフト年度
ドラフト順位
公式戦初出場 19年7月26日楽天=ZOZO
年俸 1億6000万円
昨季年俸 3300万円

関連記事