「何とか逃げ切りたかった」ロッテ逆転負けで5位転落

日ハム ロッテ

◆日本ハム6-4ロッテ◆
ロッテが守備の乱れと救援陣の誤算で、2試合連続の逆転負け。5位に転落した。

まずは守備の乱れだ。1点リードの五回に清宮の二ゴロを中村奨がファンブルすると、一、二塁で西川のハーフライナーを今度は遊撃の平沢が二塁へ悪送球し、清宮が生還した。

続いて救援陣だ。先発の岩下は6回1失点と好投したが、2点リードした七回に2番手の西野が捕まった。二、三塁で3安打を放っている近藤と勝負し、中前に同点となる2点適時打を浴びた。

逆転した八回は3番手の酒居が代打・田中に逆転2点本塁打を浴びた。さらに、二、三塁で今度は近藤を申告敬遠したが、押し出し四球も与えて3失点。

井口監督は「負ける時はこういう展開になる。ショートも含めて練習しかない。その後に追いつき、追い越したのでなんとか逃げ切りたいところでした」と振り返った。勝てる試合だっただけに、今後に引きずり兼ねない一敗だ。

関連記事