「五番・糸原」得点圏で3タコ、阪神競り負ける

巨人 阪神

◆阪神1-4巨人◆
「五番・糸原」が打線のブレーキとなった。得点圏で3タコに終わり、阪神が競り負けた。

糸原は1-1の初回は二死二塁で右飛に倒れ、四回は先頭で空振り三振。五回は二死一、二塁で遊飛に打ち取られた。

1-2となった七回は二死二塁で目の前のマルテを申告敬遠され、二飛に終わった。

大山が初めてスタメンを外れたこの日、四番マルテの適時二塁打による1点のみ。矢野監督は「健斗のところで一本出なかった。それだけじゃないと思うけどね」と不機嫌そうだった。

関連記事