「五回二死から慎重になり過ぎて…」オリックス・張がプロ初黒星

ソフトバンク オリックス

◆ソフトバンク5-1オリックス◆
オリックスの先発・張奕が、勝利投手まであと1人の五回二死から崩れ、プロ初黒星を喫した。

1点リードで迎えた五回裏、今宮、甲斐を打ち取って簡単に二死を取った。しかし、ここから福田、柳田に連続四球を与え、続く内川に逆転2点適時二塁打を浴びる。次のグラシアルにも適時二塁打を浴び、3失点で降板した。

張は「立ち上がりから調子自体は悪くなかったと思いますが、五回は二死から慎重になりすぎてしまいました。四球で走者をためて最後は失投を捉えられてしまうという悪い流れの投球になってしまったことを反省しなければいけませんし、悔しいです」と振り返った。

西村監督は「勝ちを意識したんでしょうか。二死からの四球でもったいない」と語ったものの、「(ソフトバンク先発・和田の)立ち上がりがよくなかっただけに、もっと点を取れていたら」と打線を敗因に挙げた。

これで張の連勝は2、チームの連勝は5でストップ。最下位脱出に失敗し、ソフトバンク戦は6年連続の負け越しとなった。

関連記事