「二番キャッチャー梅野」が機能 矢野監督「ボクも経験ある」

NPB(プロ野球) スポーツ 阪神 広島

◆阪神4-0広島◆
阪神が二番に梅野を置いた新オーダーが機能、広島に快勝した。

プロ初の二番に入った梅野は、初回無死一塁の好機で左前打を放ちチャンスを拡大、先制点につなげると、五回には四球で出塁、八回には貴重なダメ押し4号を放ち、十分に機能した。

お立ち台では、前夜の試合後に矢野監督から直接、打順を伝えられらたことを明かし「人生、二番を打ったことはない。目の前に近本がいて、変な感じはしたんですけど、いい緊張感の中で役割を果たせたかなと思う」と振り返った。


矢野監督は試合後、「キャッチャーで二番ってボクも経験あるんですけど、選択肢の中では、頭の中にあった事。ちょっと打線の方がなかなか絡んでこないという状況の中で、一回ちょっとやってみようと」と起用の意図を説明。

「初回もいいつなぎしてくれましたし、見事なホームランもありましたし、守る方も打つ方も大変なんですけどよくやってくれました。梅野は打席の中でもいろんなことできますし、ランナーに出ても次の塁を狙うことができますし。バリエーションの多い選手なのでね」と、二番打者としての働きを評価した。

ただ、「キャッチャーじゃなきゃ二番という事はあり得る事」とも付け足した。二番に固定する考えはなさそうだ。

文・写真/BBNEWS編集部

◆梅野隆太郎
背番号 44
カナ ウメノ・リュウタロウ
出身校 福岡大
誕生日 1991年6月17日
年齢 29
血液型 A
身長 173
体重 77
所属履歴 福岡工大城東―福岡大
キャリア 7年
投打 右右
ドラフト年度 13
ドラフト順位 4
公式戦初出場 14年3月28日巨人=東京ドーム
年俸 1億円
昨季年俸 5000万円
タイトル (ゴ)18、19
家族 既婚

関連記事