「世界一」パーラ&92発ボーア 来日のワケ

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人 阪神

巨人パーラは昨季ナショナルズでワールドシリーズ制覇。巨人でチーム3位の10打点を挙げ、堅守も光る。阪神ボーアはメジャー92発。4本塁打11打点はチーム最多だ。名前も「実績」もある2人が来日したのは何故か。

パーラは18年、ロッキーズで142試合に出場し、打率.284、6本塁打53打点を挙げた。まだ31歳で、通算1000安打。ゴールドグラブ賞2回の実績もあった。

だが球団は1250万ドルで契約を延長出来るオプションを行使せず、他チームからもオファーはなし。2月にマイナー契約で米ジャイアンツに加入した。

開幕前にメジャーに昇格したが年俸は175万ドル。ナショナルズに移籍して世界一となったが、オフにナショナルズが提示したのは100万ドルに過ぎなかった。そこで、声をかけてきた巨人入りを決めた。


ボーアは一年前に阪神のオファーを断りエンゼルスに加入したが、40試合しか出場出来なかった。だが、30代の選手達はパーラのように、「値崩れ」を起こしている。オファーも年明け以降に後回しされるため、職を失うリスクにさらされる可能性もある。ボーアは年明けまで待たずに阪神入りした。

FA市場は変化している。左腕のリリーフなど希少価値の高い選手が年内にまず決まり、年明けに超大物の争奪戦が繰り広げられる。その後、30代の中堅層に声がかけられる。

また、データ分析が進み、GMや監督の人間関係や経験により声がかかるケースも減った。データは全球団がほぼ同じものを使うため、評価の基準も同じ。30代で希少価値の高くない選手の需要は減り、名前があってもお買い得になっている。

巨人や阪神は「大物」を補強出来た。ただ、コロナウイルス感染拡大により、大リーグは60試合に減り、年俸も削減される。パーラやボーアも「渡りに船」だったはずだ。

まさに両得。水を得た魚のごとく、日本で活躍してもらいたい。

文・写真/BBNEWS編集部

◆パーラ
背番号 88
フルネーム ヘラルド・パーラ
出身校 フランシスコ・プルガル高
誕生日 1987年5月6日
年齢 33
身長 180
体重 95
所属履歴 フランシスコ・プルガル高―Dバックス―ブルワーズ―オリオールズ―ロッキーズ―ジャイアンツ―ナショナルズ
キャリア 1年
投打 左左
年俸 1億6500万円
家族 既婚

関連記事