「一生懸命では済まない」阪神がまたミス連発で逆転負け、自力V消滅

阪神 広島

◆阪神5-11広島◆
阪神が守備に不安のあるソラーテをスタメンから外すオーダーを組みながらも、また守乱で逆転負け。今シーズンを象徴するような負けっぷりで自力優勝が消滅した。

4点をリードした四回、3連打で1点を返され、無死一、二塁の場面で鈴木は平凡な三ゴロ。併殺かと思われたが、これを大山がファンブル。かろうじて二封したものの、一死一、三塁のピンチが残った。

ここで一塁走者の鈴木がスタートを切ると、捕手・原口の送球は大きくそれてセンターへ。三塁走者の菊池は悠々と本塁へ。前日に重盗を決めている2人のコンビに重盗を再現される屈辱的なプレーとなった。この回、さらに安打とメヒアの3点本塁打で逆転を許し、4-5となった。

5-6で迎えた九回、一死一塁から野間の投ゴロを浜地がうまく捕球するも、二塁に悪送球。併殺でチェンジのはずが、一死一、三塁のピンチに。その後、申告敬遠から連続適時打、犠飛であっという間に5点を奪われた。

試合終了後、緊急ミーティングを開いた矢野監督は「一生懸命やっただけではオレらは済まされへんと思うし。手を抜いているやつはおれへんけど、オレらは見に来てくれるファンがいて、結果で示すっていうのがあると思う」と危機感をあらわに。ミーティングでは選手に対し「今日の悔しさをどう返していくか、ってことしかできない」と語りかけたという。

関連記事