「メッチャアリガトウ」阪神・メッセンジャーの引退スピーチ全文

阪神

阪神のランディ・メッセンジャーの引退セレモニーのあいさつは以下の通り

【メッセンジャー引退セレモニーあいさつ】
アリガトー(日本語)。プロとしての21年間、信じられないほどあっという間に過ぎていきました。特にタイガースという素晴らしい組織の一員として、本当に特別な10年間を過ごしました。日本にいる間、ずっとタイガースの一員としていられるチャンスを与えてくださったチームに感謝したいと思います。

日本での野球生活は私と家族にとって傑出した旅となりました。私の野球人としてのキャリアに携わってくれた方々、今日の野球選手としての自分を作ってくれた方々のことは決して忘れません。コーチの方々、チームメイト、トレーナーの方々、球団本部の方々、現在、これまで携わった方々に本当に感謝を申し上げます。アリガト。

私と一緒に戦ってくれた方々、本当に心強かったです。両親、私の友人たち、キャリアを通じての多大なるサポート、本当にありがとうございました。

そして、最愛の妻・ベネッサ、あなたは私のすべてです。グラウンドでも、グラウンド外でも、いつも背中を押してくれてありがとう。あなたは最高の妻であり、最愛の4人の子供たちにとっての最高の母親です。タイガースファンの皆様、ベネッサという妻がいなければ、私はこれほどの成績は残せていなかったと思います。妻の事もぜひ、称えてあげていただけますでしょうか。

世界中のタイガースファンの皆様、自分が好投した時もそうでない時も多大なるご支援、ありがとうございました。みなさんの情熱は本当に素晴らしかったです。日本での10年間は本当に素晴らしく、一生忘れることはできません。心の底からみなさんに感謝したいともいます。タイガースファンは本当に世界一だと思ってます。アリガトー、ホントニ、メッチャアリガトー。

皆さんからこれほどまでの応援されたこと、本当に選手冥利に尽きます。これからもあなた方、タイガースファンが私の心に居続けてくれると思っています。

スポーツ選手として引退する日は必ず来ますが、それは受け入れ難く、できればもっとプレーし続けたいものです。しかし今、その日がやってきてしまいました。今、また、お会いするその日まで、さようなら。

関連記事