「マスク息苦しい」助っ人ヒロイン拒否で物議【韓国シリーズ】

スポーツ 阪神 KBO(韓国プロ野球)

韓国プロ野球(KBO)の今年のチャンピオンを決める「韓国シリーズ」は17日、開幕し、初戦はNCダイノスが5-3で斗山ベアーズを下した。


NCは1点リードの四回に八番のアーロン・アルティアが斗山先発のアルカンタラから3ランを放って試合を決めた。阪神が獲得に向け調査しているアルカンタラは5回7安打4失点と期待を裏切った。一方、NCの先発・ルチンスキーは5回1/3で5安打3失点(自責1)で勝ち投手となった。

アルティアはこの試合のMVPに選出されたが、「マスクをつけるのが息苦しい」とインタビューや会見を拒否。KBOはインタビューや会見の際はマスクをつけることを義務付けているためで、主役不在の試合後のセレモニーとなったことで、韓国メディアからは非難する論調も出ている。

NCダイノスはこれが韓国シリーズでの初勝利。16年に初めて韓国シリーズに進出した際は4連敗を喫していた。

文/BBNEWS編集部 写真/instagram、球団HPより

関連記事