「パーラに焦り」未だ本塁打0 打順どうする

NPB(プロ野球) スポーツ 巨人

巨人に新加入したパーラは日本の野球に適応出来ていないと、元監督の堀内恒夫が指摘した。

パーラは14日に一番打者として出場し、三回に二塁打を放った。「過去にも一番は打ったことはあるので戸惑いはなかった。打順に関係なく、昨日よりは球も見えていた。チャンスを演出できたし、一番としての役割を全うできた」とコメントした。

だが、堀内氏は「彼も日本の野球に戸惑ってるし焦っているのが伝わってくる」という。

「外国人選手が来日して最初に陥る問題が落ちるボールにどう対処したら良いのかということ。今のパーラは落ちるボール投げられるとクルックル回ってるもんね」と落ちる球に弱いと指摘した。


理由も挙げる。「アメリカの感覚でいると日本でそうは打てない。なぜならアメリカではまっすぐを簡単に投げてくるからね。パーラを見てると自分の打つべきボールがわからなくなってるがゆえに甘いボールをミスってるからカウント悪くなって最後はフォークでやられちゃう」

14日は1三振ながら、相手は外国人のマルティネス。ただ、空振りしたのはナックルカーブ。落ちる球だった。ミート力が特長だけに、打てる球が分からなくなるのは困る。さらに未だ本塁打なし。丸、岡本に次いで五番を任せるのは難しいだろう。


原監督は「可能性としてはないわけではない。いきなりシーズンに入ってというより、その風景も少し味わっておくことも大事かなと」と一番で起用した意図を説明。

さらに、「球数を多く投げさせるのは大事なこと。近代野球は迫力も必要になってくる。そういう部分は持っているけど、対戦するピッチャーも初めての人ばかり。もう少し落ち着いたところで打たせたいのはある。結論はまだ出ない」と打順を決めかねていることを明かした。

一番の候補は他に吉川尚、亀井あたりか。五番に亀井が入る可能性もある。開幕まで1試合。昨季世界一の一員でもある助っ人の打順はどうなるか。

因みにパーラは14日夜、家族とホテルオークラで食事を楽しんだ。

文・写真/BBNEWS編集部

◆パーラ
背番号 88
フルネーム ヘラルド・パーラ
出身校 フランシスコ・プルガル高
誕生日 1987年5月6日
年齢 33
身長 180
体重 95
所属履歴 フランシスコ・プルガル高―Dバックス―ブルワーズ―オリオールズ―ロッキーズ―ジャイアンツ―ナショナルズ
キャリア 1年
投打 左左
年俸 1億6500万円
家族 既婚

関連記事