「ナベツネを辞めさせた男」YouTuberに 元プロ野球選手のチャンネル事情

巨人 ヤクルト 楽天

球界のドン・ナベツネこと渡邊恒雄氏が巨人軍オーナーを辞任するきっかけとなった「栄養費問題」の当事者、一場靖弘氏がYouTubeチャンネルを開設した。

04年、巨人は秋のドラフトで自由獲得枠での入団が確実視されていた一場氏(明大4年)に対し、約200万円を渡していたことを公表。責任を取り、渡邊オーナーらが辞任した。一場事件と呼ばれている。

一場氏は巨人でなく楽天に入団し、その後ヤクルトに移籍。6年間で16勝33敗の成績を残し、12年に引退した。

これまでにYouTubeに2本の動画を投稿。テレビ観戦したプレミア12の感想を語っている。チャンネル登録者数は87人で、18時に投稿された動画は17回再生されている。

元野球選手のYouTubeチャンネルでは高木豊氏、里崎智也氏はチャンネル登録者数がそれぞれ15万人を超える。野球賭博で巨人を退団した笠原将生氏は10万人。現役ではダルビッシュは35万人だ。

高木豊氏のチャンネルは江川卓氏、巨人・原監督らゲストの豪華さは随一。里崎氏は元女子アナをパートナーに、元捕手ならではの多彩な切り口で旬なネタを斬る。笠原氏は野球選手が女性とどのようにして知り合うかなど、暴露ネタも多い。それぞれに独自性があり、人気を確立している。

元野球選手のYouTubeチャンネルというだけでは差別化は難しいが、一場氏はどんな新機軸を打ち出すのだろうか。

関連記事