「セ・投手四冠」巨人・山口俊が右腕の張りで離脱

巨人

巨人・山口俊が1日、右腕の張りを理由に出場選手登録を抹消されることが決まった。現在セ・リーグ投手部門四冠で、チームで唯一ローテーションを守ってきた右腕の離脱は大打撃だ。

山口は11勝、勝利.846、防御率2.55、131奪三振でいずれもリーグトップ。エース菅野が腰の張りで離脱するなど本来の姿でない中、巨人のローテーションを支えてきた。

現在の先発ローテーションは山口、高橋、メルセデス、菅野、今村、桜井。31日に敗れた高橋が二軍降格し、山口も離脱した。

代わりに二軍でリリーフとして調整していた野上と、堀岡隼人が一軍に合流した。野上の先発起用と、中5日のローテーション再編が考えられるという。

山口はリーグ優勝と日本一へ欠かせない。早期復帰が待たれる。

関連記事
【巨人継投失敗、原監督「俊に申し訳ない」】
【マジック点灯目前?巨人は50勝、山口は10勝に一番乗り】
【菅野どうした?自己ワースト4被弾10失点に原監督「正常ではない」】

関連記事