「スタンドに反射物」で中断 巨人-DeNA

NPB(プロ野球) スポーツ エンタメ・話題 巨人 DeNA

◆巨人-DeNA◆(東京D)
三回、4-1でリードする巨人の攻撃中、レフトスタンドのDeNAファンが身につけているものに光が反射するとして、数分間にわたり中断した。

先頭・岡本が中前打で出塁した後、原監督が球審・橋本に歩み寄り、確認を要求した。後藤コーチはレフトスタンドを指差し、審判団は試合を中断して警備員と会話。

警備員はDeNAファンに歩み寄り、身に付けた帽子を確認するように要求。球審は「レフトスタンドに反射物がありまして、試合進行の妨げになるため、確認しております」とアナウンスした。

再開後、次打者の丸が右越え2ランを放った。

文・写真/BBNEWS編集部

関連記事