「カープの監督というのは…」広島・緒方監督の辞任会見全文

広島

今シーズン4位に終わった広島の緒方監督が1日、松田オーナーに辞意を伝え、退任が決まった。

その後会見した緒方監督は「全力で最後までやり切った」と語った。

【緒方監督会見発言】
今シーズンをもってユニフォーム脱ぐこととなりました。先ほど、松田オーナーにシーズンの結果報告と、そして自分の意思を伝え、了承していただきました。

カープに入団してから、選手、コーチ、監督として33年間ユニフォームを着せていただきました。松田オーナーに対しては心から感謝しています。

そして監督としてもこの5年間、コーチの方々にそしてスタッフの方々に本当に支えいただきました。そして何より、厳しく接しながらも選手たちも今本当によくついてきてくれたし、最後まで本当に頑張ってくれました。

そして、なんといってもやっぱりファンの方、ファンの方に本当に大きな力をいただいて、この5年間監督としてやって来れたと思っています。

監督に就任してから、1年間、1年勝負でやっていくと、その決意は変わらず今シーズンもその思いでやってきました。今シーズン4連覇して悲願の日本一という目標の中で戦ってきましたがその目標を達することができず、期待に応えることができなかった。これは本当に監督としての責任なので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

監督をやり終えて、やはりカープの監督というのは、若い選手をいかに育てながら戦っていくか、試合に勝っていくか、そういう思いの中でずっと戦ってきたし、このポジションに立たせてもらって、最初は本当に分からないことばかりで、いろんな経験を積ませてもらって、こういう言い方が適切かどうかわからないですけど、本当に貴重な時間を過ごさせていただきました。本当に今、自分の中ではもうめいっぱい、全力で最後までやり切ったなと、そういう思いでいます。

ここからカープ(のユニフォーム)を脱いで、先のことは本当に何も全く考えてないし決めてもいないのが現状ですが、一OBとして選手たちをカープを見守り、そして全力で応援していこうと思っています。本当にみなさん、長い間お世話になりました。

関連記事