「カープに来てよかった」2年目山口が七回二死まで無安打投球で初勝利

広島 ヤクルト

◆ヤクルト0-13広島◆
広島の高卒2年目投手・山口翔がプロ初先発で七回二死までノーヒットという快投で初勝利を挙げた。

山口は今季ファームで先発として2勝1敗の成績。一軍では救援で3試合に登板して4回無失点だったが、先発でさらに光った。140キロ台の直球と変化球が適度にバラつき、強打のヤクルト打線に的を絞らせず、7回で許した走者は四球の中村とポテンヒットの村上の2人だけ。同学年の村上に安打を打たれたことで、7回95球で降板した。

お立ち台では「全力でやった結果が勝ちに結びついたので、本当にとてもうれしいです」と初々しく声を張り上げた。ノーヒットピッチングについては「意識したら崩れるかなと思ったんで、絶対に意識しないように心がけて頑張りました」と振り返った。13得点の援護には「野手のみなさんがたくさん打ってくれたので、自分は本当に投げやすかった。カープに来てよかったと思いました」と語り、神宮の鯉党から大きな拍手を浴びた。

関連記事