「アイムジャパニーズ!」バレンティンFA権取得

エンタメ・話題 中日 ヤクルト

◆ヤクルト7ー5中日◆
ヤクルト・バレンティンが17日、国内フリーエージェント権の取得条件を満たし、喜びを表現した。来季からは日本人扱いとなる。

「驚くべきキャリアを与えてくれた神に感謝している。家族、友達、チームメイト、全てのファン、ヤクルトにありがとうと言いたい」などとインスタグラムに投稿した。

西武・メヒアも「おめでとう、ブラザー」と祝福した。

出場選手登録日数が8年に到達したバレンティンは、自身で用意した「闘魂」はちまきを巻いてクラブハウスへ「出勤」。ミーティングでは、「アイムジャパニーズ!」と宣言したと言う。

16日には内角攻めに仰け反って尻餅をつき、中日・加藤と見合う場面も(写真)。怒る素ぶりもなかった。「自分を信じてくれたヤクルトに感謝している」と言う陽気なカリビアンは来季、どの球団でプレーしているだろうか。

FA権取得は外国人選手では10人目。1球団での取得は郭泰源(西武)、ミンチェ(同)、メッセンジャー(阪神)に続き4人目となる。

関連記事

【前半戦事件簿】⑪敵に手拍子?ヤクルト・バレンティンの底知れぬ陽気さ

関連記事