「やっとスタートに…」巨人・岩隈が日本復帰後初登板、1回三者凡退(動画)

巨人 動画

米大リーグ・マリナーズから8年ぶりに日本球界に復帰した巨人・岩隈が、21日のイースタンリーグ・日本ハム戦(東京ドーム)で移籍後初登板を果たした。

六回、4番手として登板した岩隈は7番・海老原を二飛、8番・石川亮を二ゴロ、9番・郡を三振と、1回を三者凡退に抑えた。直球の最速は141キロ、球数は12球だった。

昨年9月5日以来の実戦登板を終えた岩隈は「やっとスタートに立てたなと。ここからだと思う。早く一軍のマウンドに立てるようにしたい」と語った。

17年秋に行った右肩手術の影響で実戦復帰がここまで遅れたが、一軍で投げる日が待たれる。

関連記事