「もちろん打ちたい気持ち」日本ハムが四番・清宮にサヨナラ機で代打

日ハム 楽天

◆日本ハム4-4楽天◆
日本ハム・栗山監督が、延長十回無死二塁のサヨナラ機に四番・清宮に代打を送った。

「四番・一塁」で先発出場した清宮は五回の第3打席に四球で出塁、八回の第4打席には右前打を放ち、4打席3打数1安打だったが、楽天の6番手・左腕高梨が登板した延長十回、代打谷内を送られた。谷内は送りバント失敗の後、死球で出塁したが、得点には結びつかなかった。

清宮は代打を送られたことに「バントならしようがないけど、もちろん打ちたい気持ちはあった」。

一方、栗山監督はこの場面について「もともとナベ(五番の渡辺)で勝負をしようと思って代打を行かせた。左打者はあとの打者を見てもノー感じだった。三塁に置けば相手にプレッシャーがかかるから何か起こると思った。うちに右の代打もいないし、ナベでは勝負しないとは思ったけど、あそこまで形を作るべきだと思った。暴投でも失策でも点が入るから」と説明した。

関連記事