「しっかり反省しないと」楽天、2度の犠打失敗が響いて競り負ける

ソフトバンク 楽天

◆ソフトバンク3-2楽天◆
平石監督は試合後、「しっかりと反省しないといけないですね」と話した。競り負けた楽天は、犠打のミスが続いた。

二回、先頭・ブラッシュが四球で出塁するも、銀次の捕手前のバントは二塁封殺。2四死球で満塁までいったが、得点には繋がらなかった。

三回は茂木が内野安打で出塁したが、藤田が犠打を試みて、2度ファウル。結局、空振り三振に倒れた。

コントロールが乱れていたために、犠打失敗はソフトバンクの中田を楽にさせた。接戦だっただけに、犠打を試みるなら、きちんと決めておきたかった。ポストシーズンを見据えるならば、尚更だ。

試合のなかったロッテに抜かれて4位に後退し、ソフトバンクと7.5ゲーム差。2位の西武と6.5ゲーム差。3位争いが現実的な目標となるが、基本的なミスは減らしていきたい。

関連記事