「いい形で、へへへ…」サイクル安打で球宴MVPの近本、全パ守備陣に感謝

阪神 西武 ソフトバンク

◆全セ11-3全パ◆
阪神ドラフト1位ルーキー・近本光司が、オールスター史上2人目のサイクル安打、史上初の1試合4長打、史上初の1試合5打席連続安打と、記録づくめでMVPに輝いた。

初回に先頭打者本塁打を放ち、二回の第2打席で右翼線への二塁打、三回の第3打席で右前打で、早々にサイクル安打に王手をかけた。

五回の第4打席は左中間への二塁打でサイクル達成は持ち越して迎えた七回の第5打席。二死一塁だったが、ここで全パはまさかの前進守備を敷き、サイクル達成への協力体勢を示すと、近本はそれに応えてレフト秋山の頭上を越える打球を放った。二塁を回ったところですでにボールは中継の源田にわたり、近本は一瞬減速したものの、思い直して三塁へ。源田からの緩いボールを三塁松田宣がそらし、見事サイクル安打達成となった。

MVPを受賞してのヒーローインタビューで近本は「いいところに飛んでくれて、いい形で、へへへ…本当にみなさんのおかげだと思ってます」と全パの守備陣に感謝した。

ヒーローインタビューの一問一答は以下の通り

ものすごいオールスターに
「そうですね、はい」

サイクル安打達成、MVPです
「ありがとうございまーす」

初めてのオールスターを終え、今の気持ちは
「メチャクチャ楽しかったです」

先頭打者本塁打を打った時の気持ちは
「入ると思ってなかったんですけど、入って、結果的によかったです」

あと三塁打だけという中で最後の打席、振り返って
「なんとしても打球を挙げようと思ってたんで、いいところに飛んでくれて、いい形で、へへへ、三塁打になったんで良かったです」

二塁回ったところでちょっとね、ありましたけど、思い切って行きました
「はい、なんかあったんですけど、本当にみなさんのおかげだと思ってます」

オールスター史上2人目のサイクル安打。歴史に名前を刻んだ
「はい。ありがとうございます」

ここまでの成績が残せるとは想像してた?
「全然想像してなかったです。はい」

甲子園でのオールスターでこの成績を残すというのはヒキが強い
「そうですね、ヒキというよりも本当にみなさんの歓声だったり声というのが本当に聞こえてたので、力になったかなと思います」

最後にファンに改めてメッセージを
「本当にこのような舞台に立てたのはファンのみなさんのおかげだと思っています。これからも頑張ります。応援よろしく願いします。ありがとうございました」

関連記事